【一覧表】産業廃棄物の種類

産業廃棄物の種類

産業廃棄物は全部で20種類あります。

下記の7業種(7番~11番、17番18番)については、特定の事業活動から出た場合のみ産業廃棄物となります。

1燃え殻
産業廃棄物焼却炉の残灰、炉清掃排出物、石炭がら、その他の焼却残渣
2汚泥
有機性汚泥:製紙スラッジ、下水汚泥、活性汚泥、糊かす、うるしかす、など
無機性汚泥:凝集沈殿汚泥、めっき汚泥、ベントナイト泥、砕石スラッジ、など
3廃油
鉱物性油、動植物性油脂、潤滑油、絶縁油、洗浄用油、切削油、溶剤、タールピッチなど
4廃酸
廃硫酸、廃塩酸、各種の有機廃酸類、写真定着廃液など、すべての酸性廃液
5廃アルカリ
廃ソーダ液、金属せっけん液、写真現像廃液など、すべてのアルカリ性廃液
6廃プラスチック類
合成樹脂くず、合成繊維くず、合成ゴムくず、廃タイヤなど固形状及び液状のすべての合成高分子系化合物
7紙くず 
建設業(工作物の新築、改築または除去により生じたもの)、製紙業、パルプ・紙
加工品製造業、新聞業、出版業、製本業、印刷物加工業から生じた紙くず
8木くず
建設業(工作物の新築、改築または除去により生じたもの)、木材・木製品製造業、
パルプ製造業、輸入木材卸売業、物品賃貸業から生じた木くず。貨物の流通のた
めに使用したパレットに係る木くず
9繊維くず
建設業(工作物の新築、改築または除去により生じたもの)、繊維工業(衣服その他の繊維製品製造業を除く)から生じた天然繊維くずが含まれるもの。建設業(工作物の新築、改築または除去により生じたもの)、繊維工業(衣服その他の繊維製品製造業を除く)から生じた天然繊維くずが含まれるもの。
10動植物性残さ
食料品製造業、医薬品製造業、香料製造業で原料として使用した動植物性残さ(魚
や獣のあら、醸造かす、発酵かすなど)
11動物系固形不要物 
と畜場及び食鳥処理場で家畜の解体等により生じた固形状の不要物
12ゴムくず
天然ゴムくず(合成ゴムくずは、廃プラスチック類)
13金属くず
鉄鋼又は非鉄金属の研磨くず、切削くずなど
14ガラスくず
ガラス類、製品の製造過程等で生じるコンクリートくず、陶磁器くず、廃石膏ボードなど
15鉱さい
高炉、転炉、電気炉などの残渣、キューポラのノロ、ボタ、鋳物砂、不良鉱石、不良石炭、粉炭かす、サンドブラスト廃砂など
16がれき類
工作物の新築、改築又は除去に伴って生ずるコンクリートの破片、レンガの破片、その他これに類する不要物など
17動物のふん尿 
牛、馬、豚、めん羊、山羊、にわとりなどのふん尿(畜産農業に係るものに限る。)
18動物の死体
牛、馬、豚、めん羊、山羊、にわとりなどの死体 (畜産農業に係るものに限る。)
19ばいじん
ばい煙発生施設等で発生したばいじんで、集じん施設により集められたもの
20産業廃棄物を処分するために処理したもの
上記1~19に掲げる産業廃棄物を処分するために処理したものであって、これらの産業廃棄物に該当しないもの(コンクリート固型化物など)

廃棄物の具体例 (五十音順)

運搬の多い廃棄物の具体例を五十音順で並べています。

ア行

アスファル破片がれき類           
アルミくず金属くず

カ行

壁紙(建設系)紙くず
瓦(陶器瓦、いぶし瓦)ガラスくず (コンクリートくず及び陶磁器くず)
瓦(セメント瓦)がれき類
グラスウールガラスくず (コンクリートくず及び陶磁器くず)
コンクリート片がれき類
ゴム手袋(天然)ゴムくず

サ行

じゅうたん(建設系) 繊維くず
潤滑油廃油
障子(建設系)紙くず
石膏ボードガラスくず (コンクリートくず及び陶磁器くず)
セラミックくずガラスくず (コンクリートくず及び陶磁器くず)

タ行

タイルがれき類
タイヤ廃プラスチック類
畳(天然繊維)繊維くず
畳(合成樹脂)廃プラスチック類
断熱材(合成樹脂)廃プラスチック類
断熱材(グラスウール、ロックウール)ガラスくず (コンクリートくず及び陶磁器くず)           
段ボール(建設系)紙くず
電線くず金属くず
銅くず金属くず
とたんくず金属くず

ナ行

内装材(建設系)繊維くず             

ハ行

発泡スチロール(建設系)廃プラスチック類
ビニール袋(建設系)廃プラスチック類
びん類ガラスくず (コンクリートくず及び陶磁器くず)
ベニヤ木くず

マ行

モルタル片がれき類      

ラ行

レンガ破片がれき類
ロックウール      ガラスくず (コンクリートくず及び陶磁器くず)
レーヨン繊維くず
ロープ(建設系)繊維くず