建設業許可取得後に必要な手続きって?

目次

建設業許可 取得後に必要な手続き

建設業許可 その後の手続きとは

建設業許可を取得した後も、必要な手続きがあります。

手続きには、毎年必要となる手続き、変更があった際に必要となる手続きがあります。

主な手続きをご紹介いたします。

1,決算変更届

2,変更届

3,更新申請

4,廃業届

1,決算変更届

決算変更届は、決算終了後4か月以内に届け出る必要があります。

例えば、決算が6月末であれば、10月末までに届出が必要です。

※ 届出をしていない場合や、虚偽の内容で届出をした場合、6か月以下の懲役または100万円以下の罰金という罰則規定があります。

2,変更届

申請内容に変更があった場合は、その旨を届け出る必要があります。届出には期限があります。

変更後14日以内

経営業務の管理責任者の変更
専任技術者の変更
建設業法施行令第3条に規定する使用人
欠格要件に該当した場合

変更後30日以内

営業所(本店・支店)の変更
商号または名称の変更
資本金の変更
法人の役員等(株主等を除く)の変更
支配人の変更・個人事業主、支配人の氏名の変更

3,更新申請

建設業許可の期限は、許可を受けてから5年となります。

許可を継続するには、更新の申請が必要です。

許可行政庁から更新時期の案内は無いので、各自で管理が必要です。

1日でも過ぎると、許可は無効となりますので注意が必要です。

4,廃業届

許可を取得した業種を廃業した場合は、30日以内に廃業届の提出が必要です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる