一式工事 専門工事の許可は不要?

目次

一式工事 専門工事の許可は不要?

一式工事があれば専門工事許可は不要?

よく一式工事は、総合的な許可だから他の専門工事の許可はいらないよね?と質問がございます。

建設業許可は複雑なところがあるので、認識が間違っていないか、チェックしてみてください。

一式工事とは主に元請業者の立場で、総合的に指導や調整を行うことを言います。

建築一式工事でいえば、新築工事を全体で請け負ったり、大規模なリフォーム工事を総合的に請け負う場合に必要です。

この一式工事の許可は、あくまで「総合的に請け負う」場合に必要となります。

単体で専門工事を請け負う場合は、その専門工事の許可が必要です。

例えば、600万円の塗装工事のみを請け負う場合ではどうでしょうか。建築一式工事の許可を受けていても、総合的には請け負っていないので、専門工事の請け負いとなります。

請負金額が500万円以上となっているので、塗装工事の許可が別途必要となります。

一式工事に含まれる専門工事は、500万円を超えても許可は必要ありませんが、それぞれの専門工事に主任技術者の資格を持つ技術者等の配置が必要です。

自社で要件を満たす人員がいない場合は、その専門工事の許可を受けている下請業者に発注することが必要となります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる