貨物利用運送事業

トラック 荷台

貨物利用運送事業(水屋)とは?

他の運送事業者が経営する運送(貨物自動車や鉄道など)を利用して、有償で荷主の貨物を運送する事です。利用運送事業の登録・許可を取得した事業者が「貨物利用運送事業者」といいます。
貨物利用運送事業者は、荷主と運送事業者との間で、それぞれ運送契約(請負)を締結します。

報酬

第一種貨物利用運送事業¥120,000~ /法定費用 ¥90,000
第二種貨物利用運送事業¥300,000~ /法定費用 ¥120,000
各種変更届¥20,000~
事業報告書¥20,000~

貨物利用運送事業の種類

貨物利用運送事業には、登録制の第一種と、許可制の第二種があります。

●第一種貨物利用運送事
業運送手段が、貨物自動車や鉄道、船舶などのどれかに限定して利用運送を行います。

●第二種貨物利用運送事業
運送手段が、限定されず、貨物自動車や鉄道、船舶などを引き継いで、利用運送を行います。

 

主なメリット

初期費用を抑え、運送事業へ参入することができる。
会社として、登録や許可をされることによって、社会的な信用性が上がる。