古物商許可

kobutsu-1

古物営業とは

古物営業法では、①古物商、②古物市場主、③・古物競りあつせん業者の3つに分類されています。

①古物商

古物(中古品)を売買、交換又は他人の委託を受けて、売買、交換を行う営業を指します。
※ 主にリサイクルショップ、古本屋、古着屋、中古車屋など

②古物市場主

古物商間の古物の売買、交換のための市場を経営する営業を指します。
※ 主にオークション会場の運営など

③古物競りあっせん業者

 インタネットオークションサイトを経営する営業を指します。

報酬

古物商許可(新規)¥40,000~  ※別途手数料 ¥19,000
古物商許可(変更)¥15,000~

古物商の許可が必要なケース

・買取りした古物を販売する場合
・買取りした古物を修理をしてから販売する場合
・買取りした古物から、使える部品などを販売する場合
・古物の持ち主から依頼を受けて販売し、依頼者から手数料をもらう場合(委託売買)
・買取りした古物を用いたレンタル業を行う場合
→「業」として行い、ある程度の「継続性」がある場合必要です。

古物商の許可が不要なケース

・自分の物を、フリーマーケットやオークション等で販売する場合
・無料で手に入れたものを販売する場合
・自分が売却した物品を売却した相手方から直接買い戻す場合
・海外で直接購入した物品を販売等する場合
・新品のみを扱う小売店から直接購入した物を売却する場合

古物の種類

古物は取り扱う古物の種類により以下のように区分されます。
※複数の種類を同時に申請することも可能です。

1.美術品絵画、彫刻、工芸品等
2.衣類和服類、洋服類、帽子、その他の衣料品
3.時計・宝飾品類時計、眼鏡、宝石類、貴金属類
4.自動車部品類も含みます
5.自動二輪車及び原動機付自転車部品類も含みます
6.自転車類部品類も含みます
7.写真機類カメラ、双眼鏡、光学機等
8.事務機器類パソコン、コピー機、ファックス、レジスター等
9.機械工具類工具、工作機械、土木機械、家電製品等
10.道具類家具、楽器、CD/DVD、ゲームソフト、日用雑貨等
11.皮革・ゴム製品類カバン、靴等
12.書籍辞書、漫画、雑誌等
13.金券類商品券、乗車券、郵便切手等