飲食店営業許可

飲食業(営業許可)

居酒屋、バー、ガールズバーなど、午前0時以降にアルコールを提供する飲食店は「深夜酒類提供飲食店届出」が必要です。
スナック、キャバクラ、クラブ、ラウンジなど社交場を営業するには「風俗営業許可」が必要です。
「深夜酒類提供飲食店届出」と「風俗営業許可」の違いは、店の従業員がお客さんに接待行為(お酌やデュエットをするなど)があるかどうかです。
接待行為がある場合は、「風俗営業許可」が必要となります。

報酬額

深夜酒類提供飲食店届出¥73,000~
風俗営業許可¥160,000~